2012年02月12日

スマホ 相談も急増

私の家では、西日本新聞の朝刊をとっています。

ちょっと気になる記事があったので、ご紹介したいと思います。


2012年2月10日付、西日本新聞朝刊より。

【スマートフォン(多機能携帯電話)の普及に伴い、「充電切れが早い」「通信料が高い」などの相談が各地の消費生活センターで急増している。国民生活センター(神奈川県)によると、2011年10月末の相談件数は前年同期比の3倍以上の1789件。パソコン同様の機能を持つスマートフォンは電気も通信料も携帯電話以上に掛かるのだが、従来の携帯感覚で買った利用者は「こんなはずじゃなかった」と戸惑っているようだ。

 「充電切れが早い。故障なら交換したい」。福岡市消費生活センターには昨年からそんな相談が増え始めた。福岡県内で40代女性から「パンフレットには『連続待ち受け230時間』と記載があるのに、充電翌日昼には切れる」という苦情も。女性が購入した店に交換を願い出ると「スマートフォンはこういう物」と言われたという。
 NTTドコモ広報担当者によると、連続待ち受け時間とは、何も操作していない状態の時間。スマートフォンは多くのアプリ(ソフト)を搭載可能で、それを使えば電話をかけなくても電気を消費するという。
 福岡市消費生活センターには「料金請求がこれまでの携帯電話の倍近くになった」との苦情が寄せられた。スマートフォンはインターネット通信量も多く、各社ともネットが使い放題の「定額制」が一般的。ただし、金額は月5千円台と高めで、料金が跳ね上がったように感じるケースもあるという。
 鹿児島県消費生活センターには、30代女性から、スマートフォンを購入して数日で「使いこなせないので解約したい」と相談があった。契約によっては解約金が発生することもあり、センターの担当者は「はやりに飛び付かず、自分に必要かどうか検討してほしい」と呼び掛けている。】
(以上【 】内、西日本新聞朝刊より引用)



スマートフォン。

私も欲しい物の一つです。

しかし、この記事にあるように、現在より料金請求が高くなるため、手を出せずにいます………。

私の場合、現在でも本来なら数十万円を請求されても仕方ないので…………。

だから、本当は安いんですけどね!





おっと!
記事とは関係ありませんでしたね!


なるほど!!!!

こういう人たちが、3G回線を圧迫しているのか!




アメリカ合衆国では、「定額制」を止め、「従量制」に変更する携帯会社が多いと聞きます。

日本はまだ「定額制」があるのでいいんですが…



でも、ドコモの"Xi(クロッシィ)は、2GBまでは「定額制」だけど、2GBを越えると「従量制」!


単なる「パケホーダイ」の私は、毎月、軽く今でも1GBを越える通信量です。


私にとっては、「従量制」は恐怖以外の何物でもなく、それもスマートフォンに変更するのをためらわせる理由となっています!

posted by 膝方 歳三 at 01:20| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。